インフルエンザは思った以上に増殖スピードが速い

寒い時期になると何かと話題になるのがインフルエンザ。インフルエンザウイルスは増殖のスピードが速いので、出来るだけ早めに対処した方が軽く済みます。インフルエンザ治療薬「リレンザ」を常備しておくことをオススメします!

*

インフルエンザには治療も予防も出来るリレンザがオススメ

インフルエンザは冬に流行するウイルス性の感染症です。

感染力が強く、感染した人が同じ空間にいるだけでなく、人が集まる場所にいただけでも感染することがあります。主に感染者の飛沫物や空気、接触により感染が拡大していきます。インフルエンザウイルスに感染すると1日から2日ほどで症状が現れますが、その時に服用しておきたいのがインフルエンザの治療薬であるリレンザです。

リレンザはウイルスの繁殖を抑えてくれる

インフルエンザに感染すると高熱など全身症状が出ることが多く、一気に症状が重くなるのが特徴です。

最初から鼻水や咳が出ることは少ないですが、肺炎や脳症、気管支炎、中耳炎など合併症を起こすことも多く、命に危険が及ぶこともあるため注意が必要な病です。インフルエンザに感染すると病院ではリレンザが処方されます。

この薬はウイルスの増殖を抑えることが出来るため、増殖がピークになる48時間以前に吸入を開始すると、症状を軽減することが出来ます。リレンザは吸入薬であるので、粘膜で増殖するウイルスに直接吹きかけることが出来、体内へ吸収されるのも微量なため副作用も少ないです。また耐性をもつウイルスも発見されていないので、服用した場合、効果が出てこないということはありません。さらに、10代の子供に多いとされる高いところからの飛び降りや急に飛び出すといった異常行動も起こす頻度が少ないです。

喘息を持ってる場合は注意

ですが喘息があったり気管支が弱い場合、先に気管支の薬を使用しないと悪化してしまうこともあります。

また、小さい子供の場合はうまく吸うことが出来ず、薬をきちんと粘膜に届けることが出来ないこともあります。そのため、処方してもらう際には、喘息があることなどを医師に伝えておくと安心ですし、小さい子供の場合は実際にリレンザを吸う前に練習をしておくこと、服用の際は必ず大人がついてあげると良いでしょう。

治療だけでなく予防としても使用可能

リレンザは治療だけでなく、予防薬としても使用することが出来ます。

治療の場合1日2回5日間吸入しますが、予防の場合は1日1回10日間の吸入となります。注意する点としては、吸入期間しか予防効果はありません。

また予防の場合、処方してもらうにはいくつかの条件があります。
家族や世話をしている人がインフルエンザに感染しており、尚且つ高齢者、糖尿病や慢性の呼吸器疾患、腎疾患、心疾患などインフルエンザに感染すると症状が重くなる人が対象で、受験生の場合も相談をすると出してもらえる場合があります。ですが、予防であるので、自費治療となり実費となります。期間のみの効果になりますが、リレンザは副作用が少ないので期間を考えながら使用すると良いでしょう。

公開日: